国際離婚の手続き|弁護士による離婚相談

ベリーベスト法律事務所

あらゆる離婚相談にベストな答えを

弁護士による離婚相談

ご相談の際は、お近くの支店へご来所が必要です。
まずはお電話かメールで相談予約をお願いいたします。

0120-666-694

全国19拠点

平日9:30~21:00 土日祝 9:30~18:00

メールでのお問い合わせ

国際離婚について

国際離婚は、「どこの国の法律を使うか」「どこの国の裁判所を使うか」など、日本人同士の離婚に比べて、複雑な問題があります。

ベリーベストでは、月間700件を超える離婚相談実績があり、国際離婚の実績も豊富です。全国19拠点約130名の弁護士がサポートいたします。

26

国際離婚に関してこんなお悩みはございませんか?

国際離婚とは

国際化社会が進展する中で、夫婦の関係も多様化しており、日本で外国人夫婦が離婚を考えたり、日本国内で外国人と日本人の夫婦が離婚を考えたりするといったことも増えてきています。

このような国際離婚をする場合、日本で日本人夫婦が離婚する場合と異なり、
・どこの国の法律に従って離婚をするのか(準拠法選択の問題)
・どこの国の裁判所を使うのか(国際裁判管轄の問題)
といった国際離婚に固有の問題が生じます。

国際離婚

どこの国の法律に従うのか

国際離婚をする場合、まずどの国の法律に従うのかが問題となります。
日本では、「法の適用に関する通則法」という法律によって以下のように定められています。

  • ①夫婦の本国法が同一であるときはその本国法
  • ②共通の本国法がないときは夫婦共通の常居所地法
  • ③共通の常居所地法もないときは夫婦と密接関係にある地の法
  • ④夫婦の一方が日本に常居所を有する日本人であるときは日本法
日本に住んでいる夫婦のケース
日本に住む日本人と外国人との夫婦が離婚をするという場合
→日本法に基づき離婚をする
外国人が日本で離婚するケース
中国人夫婦が日本で離婚を考えるような場合
→中国法に基づき離婚を検討する

どこの国の裁判所を使うのか

国際離婚をする際に、離婚の手続きにおいて裁判所を用いる場合には、どこの国の裁判所を使うのか、という問題が生じます。どこの国の裁判所を使うのかという問題は、裁判所を使って離婚をする負担を考える上で、大変重要と言えます。

日本に住んでいる夫婦のケース

日本に生活の本拠を置いている夫婦であれば、日本の裁判所に国際裁判管轄が認められるため、日本の裁判所を使って離婚をすることが可能です。

海外の居住相手に離婚を求めるケース

夫婦の一方が海外に居住しており、その相手に対して離婚を求める場合には、原則として、相手の居住する国の裁判所を使わなければならないことが多い。

「ハーグ条約」についてはこちら

弁護士からのアドバイス

酒井 将

離婚の際には、離婚自体の争い以外に、子供の親権や財産分与、慰謝料請求などの問題も発生します。これらはまた個別に準拠法や国際裁判管轄の問題の検討が必要で、非常に複雑であるため、国際離婚の際には、弁護士への相談をお勧めします。
ベリーベストでは、国際離婚についても数多く扱っており、的確なアドバイスを差し上げることが可能です。

国際離婚に関するよくある質問

国際離婚のご相談はベリーベストの離婚専門チームの弁護士へ

ベリーベストでは月間700件を超える離婚に関する相談を承り、多くのご依頼をいただいております。
その中で、ご依頼者の希望にそった解決に導いた実績が多々あります。

このような経験で得たノウハウ、知識の蓄積があるベリーベストなら国際離婚問題についてお手伝いができます。

  • 離婚専門チームが専属対応
  • 圧倒的な相談件数に裏付けられた離婚相談
  • 約130名の弁護士がサポート
  • リーズナブルな料金体系
  • 初回相談無料
  • 全国19拠点・全国対応

平日9:30~21:00 土日祝 9:30~18:00

ご相談の際は、お近くの支店へご来所が必要となります。

0120-666-694

弁護士相談のお問い合わせ

全国 19 拠点対応

0120-666-694

メールでのお問い合わせ

各支店ご連絡先

弁護士法人ベリーベスト法律事務所

〒106-0032 東京都港区六本木1-8-7 MFPR六本木麻布台ビル11階 (旧:アーク八木ヒルズ11階)
TEL : 0120-666-694

お問い合わせはこちら
平日9:30~21:00、土日祝9:30~18:00
ご相談の際は、お近くの支店へご来所が必要となります。
  • 無料通話 0120-666-694
  • お問い合わせ

×