監護権者|浮気・不倫・慰謝料・財産分与・養育費・親権問題

ベリーベスト法律事務所

あらゆる離婚相談にベストな答えを

弁護士による離婚相談

ご相談の際は、お近くの支店へご来所が必要です。
まずはお電話かメールで相談予約をお願いいたします。

0120-666-694

全国18拠点

平日9:30~21:00 土日祝 9:30~18:00

メールでのお問い合わせ

custody-and-care

子供の問題でもめた場合に、親権者と監護権者を分けることもあります。ここでは監護権者について解説していきます。

ベリーベストでは、月間600件を超える離婚相談実績があり、慰謝料がより有利な条件になるよう全国18拠点約100名の弁護士がサポートいたします。

26

親権者と監護権者の違いとは

親権から身の上監護権の部分を切り離した「監護権者」

親権者は、未成年の子の身上監護権と財産管理権を有していますから、一般的には、父母のうち子どもを引き取り育てる側が親権者となり、監護権者を兼ねることになります。

しかし、親権のうち身上監護権の部分を切り離して、親権者とは別に監護権者を定めることもできます。 監護権者は子どもと一緒に暮らしながら身の回りの世話などをする権限をもちます。

離婚の際、親権者と監護権者を分けた場合には、親権者は身上監護権を持ちませんから親権者であっても子どもと一緒に暮らすことはできません。

「どうしても子どもと一緒に暮らしたい」「夫に子どもを渡したくない」など親権にこだわりすぎて離婚の手続きがなかなか進まないというケースもあります。

そんなときは、親権は夫にゆずって自分は監護権者になるという選択肢もあります。

監護権者指定のポイント

監護権者になった場合は、離婚協議書や公正証書を作成しましょう

親権者は離婚届に記載しなければなりませんが、監護権者は離婚届に記載しません。

夫婦の話し合いで監護権者を決めた場合は、必ず離婚協議書や公正証書を作成し、父母のどちらが監護権者になり子を監護養育するか定めておいた方が良いでしょう。

監護権者は、両親以外の第三者がなることも可能

祖父母や両親の兄弟姉妹などの親族や、経済的理由で子供と生活をできない場合などは、児童福祉施設が監護権者となることもあります。
なお、監護権者として子どもを養育する場合、親権者から養育費を支払ってもらう権利が発生しますので、それらも念頭においておく必要があります。
もっとも、両親以外が監護権者に指定されるのは稀なので、例外的なケースだと思った方がよいでしょう。

親権者と監護権者を分けた場合のデメリット

一緒に暮らす監護権者と子どもの氏が異なることになります

たとえば、戸籍の筆頭者が父親になっている場合に、父親を親権者、母親を監護権者と定めた場合、戸籍上、子どもは父親のところに残ります。

結婚の際に氏を変更した母親は離婚によって結婚前の氏に戻りますから、一緒に暮らす子どもとは氏が異なることになります。

ただし、母親が結婚していた際に称していた氏を離婚後も称するための申立てをすれば、子どもの氏と母親の氏が異なるという状態は回避することができます。

注意:再婚する場合

監護権者となった親が子を連れて再婚する場合、再婚相手と連れ子との間に法律上の親子関係を発生させるためには養子縁組をしなければなりませんが、未成年の子の身分関係の変更には法定代理人である親権者の同意が必要になりますので、養子縁組をする際に、親権者である元夫・元妻に対して協力を求めなければならないということになります。

弁護士からのアドバイス

酒井 将

監護権者は、親権者を選ぶ場合と異なり離婚と同時に決めなければならないわけではありません。

離婚が成立した後も監護権者を決めることができます。父母が協議で決めることができないときは、
家庭裁判所に子の監護権者の指定の調停、または審判の申し立てができます。

親権者と監護権者を分けることにはやはり一定の問題はあります。

しかし、真に望んでいることが、子どもと一緒に暮らしていくことにあるのならば、親権者から養育費を受け取りながら、監護権者として子どもと暮らしていくことも選択肢の一つとして考慮されてはいかがでしょうか。

監護権者に関するよくある質問

監護権のご相談はベリーベストの離婚専門チームの弁護士へ

ベリーベストでは月間600件を超える離婚に関する相談を承り、多くのご依頼をいただいております。
その中で、ご依頼者の希望にそった解決に導いた実績が多々あります。

このような経験で得たノウハウ、知識の蓄積があるベリーベストなら子供の問題についてお手伝いができます。

  • 離婚専門チームが専属対応
  • 圧倒的な相談件数に裏付けられた離婚相談
  • 約100名の弁護士がサポート
  • リーズナブルな料金体系
  • 初回相談無料
  • 全国18拠点・全国対応

平日9:30~21:00 土日祝 9:30~18:00

ご相談の際は、お近くの支店へご来所が必要となります。

0120-666-694

弁護士相談のお問い合わせ

全国18拠点対応

0120-666-694

メールでのお問い合わせ

各支店ご連絡先

弁護士法人ベリーベスト法律事務所

〒106-0032 東京都港区六本木1-8-7 MFPR六本木麻布台ビル11階 (旧:アーク八木ヒルズ11階)
TEL : 0120-666-694

×

お問い合わせはこちら
平日9:30~21:00、土日祝9:30~18:00
ご相談の際は、お近くの支店へご来所が必要となります。
  • 無料通話 0120-666-694
  • お問い合わせ