ご相談の際は、お近くの支店へご来所が必要です。
まずはお電話かメールで相談予約をお願いいたします。

0120-666-694

全国18拠点

平日9:30~21:00 土日祝 9:30~18:00

メールでのお問い合わせ

ご相談の流れ(予約の取り方)

 

バーチャル相談で解決!  〜お問い合わせから相談まで〜

弁護士に相談するのは始めて、
・どんな風に進んでいくの?
・どんな資料を用意したらいいの?
そんな疑問にお答えするため、お問い合わせから問題解決までの平均的な工程をバーチャル相談風にご用意いたします。

【STEP01】電話・メールでのお問い合わせ(離婚担当スタッフがお伺いします)

依頼人

離婚をしようと決意しました。離婚するにはどうしたらよいですか?

線

まず、弁護士との面談日時の予約を取ってください。
お問い合わせ・予約時には、面談の際に、どのような資料をお持ちいただくかサポートさせていただくことができますので、お気軽にお問い合わせください。

弁護士

【STEP02】必要書類等を用意しての面談(離婚担当弁護士がお伺いします)

依頼人

調停や裁判をせずに離婚をしようと思っています。

線

お互いに離婚意志はあっても、財産分与や養育費など決めなければならない事項はたくさんあります。これらの付随的な条件も考慮して、総合的な方針を弁護士のサポートのもと、決めましょう。解決策のご提案、アドバイスを面談時に担当弁護士からさせていただきます。
面談日には、離婚原因の証拠(浮気や暴力による傷の写真など)結婚後に築いた財産の資料(住宅、保険、預貯金など)を持ちください。

弁護士

【STEP03】離婚手続き開始

依頼人

当人同士の話し合いでは離婚できそうにありません。

線

家庭裁判所の調停というシステムを利用して、話し合いを進めましょう。
調停では、夫婦の一方が調停委員に対して話をする間、他方は待合い室で待つという形で、交互に意見・希望の聴取が行われるため、当人同士が顔をあわせることがないように配慮されています。調停委員に対し、何を訴えるべきかなど、法的判断と密接ですので、代理人を付けることをお勧めします。

弁護士

【STEP04】離婚確定・慰謝料の獲得へ

依頼人

調停後、離婚が確定し慰謝料を獲得することができました。

線

調停において、離婚や離婚の諸条件が決定し、裁判所がそれを調書という書面にします。裁判所の調書は、判決と同様の効果がありますので、約束を破った場合には、強制的に約束を守らせることができます。

弁護士

離婚を考えたらすぐに相談するのがベリーベスト!

酒井 将

離婚では、慰謝料、財産分与、養育費、親権など様々な権利を取得できます。ご自身ではどこまで主張可能なのかを正しく把握することは難しく、離婚後に後悔するケースも多いですが、ベリーベスト法律事務所の弁護士に依頼することで、離婚に際して取得できる権利をもれなく主張することが可能です。

相手が離婚に応じない場合、弁護士が離婚調停の手続きやアドバイスを行い、代わりに出頭します。時間と手間がかかる調停手続きも弁護士に依頼すれば、弁護士が調停の申立書を作成し、調停へ代理人として出頭します。また調停委員や相手方の弁護士から難しい法律用語が飛び交うこともありますが、この点も弁護士に依頼すれば安心です。

豊富な経験と実績を持つ交渉のプロである離婚専門弁護士が戦略を立て、証拠集めのサポートから必要書類の作成、代理人として調停への出頭までトータルでお手伝いします。調停では、相手の主張の誤りを指摘し、依頼者に有利な主張をするなど調停委員や裁判官を説得することで、調停を有利に進めます。

平日9:30~21:00 土日祝 9:30~18:00

ご相談の際は、お近くの支店へご来所が必要となります。

0120-666-694

弁護士相談のお問い合わせ

全国18拠点対応

0120-666-694

メールでのお問い合わせ

各支店ご連絡先

弁護士法人ベリーベスト法律事務所

〒106-0032 東京都港区六本木1-8-7 MFPR六本木麻布台ビル11階 (旧:アーク八木ヒルズ11階)
TEL : 0120-666-694

×

お問い合わせはこちら
平日9:30~21:00、土日祝9:30~18:00
ご相談の際は、お近くの支店へご来所が必要となります。
  • 無料通話 0120-666-694
  • お問い合わせ