不倫の証拠となる証拠を教えてください。|弁護士による離婚相談

ベリーベスト法律事務所

あらゆる離婚相談にベストな答えを

弁護士による離婚相談

ご相談の際は、お近くの支店へご来所が必要です。
まずはお電話かメールで相談予約をお願いいたします。

0120-666-694

全国23拠点

平日9:30~21:00 土日祝 9:30~18:00

メールでのお問い合わせ

よくある質問

不倫の証拠となる証拠を教えてください。

依頼人

不倫の証拠は、どんな時に必要になるのですか?また、どのようなものが証拠となりますか?

線

不倫の当事者が不倫を認めない場合は、あなたが不倫の事実を証明しなければならないため、証拠が必要になります。写真・メールなど以外にも、あなたの日記やメモも証拠になります。

不倫相手に対して、慰謝料を請求できるのですが、不倫相手が不倫の事実を認めずに、慰謝料を支払おうとしない場合には、裁判を起こして「支払え!」というほかありません。

しかし、裁判では、あなたの側で、不倫の事実を証明しないと負けてしまいます。

そして、不倫の事実を証明するには、証拠が必要となります。不倫の証拠としては、以下のようなものが考えられます。

■不倫の証拠となる証拠

・写真
2人でラブホテルに入る写真や、抱き合っている写真、手をつないで歩いている写真などです。

・メール
交際していることがわかるようなメールのやりとりです。

・手帳、スケジュール帳
不倫相手との密会がメモされているかもしれません。

・手紙、メモ
手紙やメモなどから不倫の事実が明らかになることもあります。

録音テープ
不倫の疑いのある配偶者との会話は録音しておきましょう。重要な証拠になる場合があります。

・ETCの記録
クレジットカードの明細書で、ETCの記録が記載されていますが、これで配偶者の行動範囲がわかります。

・領収書類
宿泊したホテルの領収書や高級レストランの領収書などです。

・第三者の証言
たとえば、「不倫デートの現場を目撃した」というような第三者の証言です。

証拠はほかにもたくさん考えられるので、いろいろ集めておきましょう。あなたの日記やメモも証拠になります。

<探偵・興信所を利用する際の注意点>

ところで、不倫の証拠をつかもうとして、探偵事務所や興信所に依頼するときは注意が必要です。これらの中には、残念ながら悪質な業者も多く、たいした調査もしていないのに、高額の金員を請求してくることもしばしばです。

下手をすると、証拠をつかんで、裁判にも勝って慰謝料を支払ってもらったけれど、結局探偵事務所の費用を払ったら、マイナスになってしまった、ということもありえますので、よく注意してください。

弁護士

よくある質問一覧へ

平日9:30~21:00 土日祝 9:30~18:00

ご相談の際は、お近くの支店へご来所が必要となります。

0120-666-694

弁護士相談のお問い合わせ

平日9:30~21:00 土日祝 9:30~18:00

ご相談の際は、お近くの支店へご来所が必要となります。

0120-666-694

弁護士相談のお問い合わせ

0120-666-694

メールでのご相談はこちら

全国 23 拠点対応

0120-666-694

メールでのお問い合わせ

各支店ご連絡先

弁護士法人ベリーベスト法律事務所

〒106-0032 東京都港区六本木1-8-7 MFPR六本木麻布台ビル11階
TEL : 0120-666-694

お問い合わせはこちら
平日9:30~21:00、土日祝9:30~18:00
ご相談の際は、お近くの支店へご来所が必要となります。
  • お問い合わせ・ご相談 通話無料 0120-666-694
  • 無料相談会予約 通話無料 0120-666-694

×