離婚に応じてもらえない場合は、調停を申し立てを行う|弁護士による離婚相談

ベリーベスト法律事務所

あらゆる離婚相談にベストな答えを

弁護士による離婚相談

ご相談の際は、お近くの支店へご来所が必要です。
まずはお電話かメールで相談予約をお願いいたします。

0120-666-694

全国19拠点

平日9:30~21:00 土日祝 9:30~18:00

メールでのお問い合わせ

よくある質問

離婚に応じてもらえない場合は、調停を申し立てを行う

依頼人

離婚したいのに夫が応じてくれないので、何か方法はありますか?

線

離婚の合意ができないときは、調停を申し立てなければなりません。夫婦の話し合いで離婚の合意ができないときは、離婚のための訴訟の前に、家庭裁判所に対して離婚の調停を申し立てなければなりません。

離婚の調停は、1人の裁判官と2人の調停委員が夫婦の間に入って、話し合いを進めていくことになります。離婚の調停はあなた1人でも申立てることはできますが、実際の調停のとき(裁判所で行います)には弁護士が一緒に行くこともできます。あなたの主張を明確に伝達するためには弁護士を付けることをお勧めします。

そして、調停によっても離婚の合意ができなかったときには、訴訟をすることになります。訴訟によって離婚するためには、民法で決められた離婚の原因が必要となりますので、離婚の明確な原因があるということをあなたが主張して証明していかなければなりません。

離婚の原因は以下のようなものです

・夫に不貞行為があった
・夫から悪意で遺棄された(正当な理由もなく夫が別居を始めた場合などです)
・夫が生きているか死んでいるかが3年以上分からない
・夫が強度の精神病で回復の見込みがない(常に入院が必要な精神病などです)
・その他、婚姻を継続し難い重大な事由がある(暴行・過度な賭事・飲酒など以外にも性格の不一致なども含む)

訴訟ともなると、専門的なことも多く、相手に代理人として弁護士が付くことも多いため、弁護士に依頼することで、あなたの主張を法律的に整理してもらい、訴訟を進めることをお勧めします。

弁護士

よくある質問一覧へ

平日9:30~21:00 土日祝 9:30~18:00

ご相談の際は、お近くの支店へご来所が必要となります。

0120-666-694

弁護士相談のお問い合わせ

全国 19 拠点対応

0120-666-694

メールでのお問い合わせ

各支店ご連絡先

弁護士法人ベリーベスト法律事務所

〒106-0032 東京都港区六本木1-8-7 MFPR六本木麻布台ビル11階 (旧:アーク八木ヒルズ11階)
TEL : 0120-666-694

お問い合わせはこちら
平日9:30~21:00、土日祝9:30~18:00
ご相談の際は、お近くの支店へご来所が必要となります。
  • 無料通話 0120-666-694
  • お問い合わせ

×